期間工(期間従業員、季節工)って何?派遣や契約社員とはどう違う?

「期間工」というワードは知っていても、実際にどんな勤務形態であるのかイマイチ分かっていない…という人も多いのではないでしょうか?

多様な働き方を知っておくことは、自分に最も適した条件を見つけることにつながります。そこで、「契約社員」「派遣社員」「期間工」それぞれの働き方や待遇を、いろいろな角度から比較してみましょう。

そもそも「期間工」とは?

「契約社員」や「派遣社員」には聞きなじみがあっても、「期間工(期間従業員、季節工)」を知らない人は多いです。

期間工は、期間限定の従業員として、主に自動車メーカーの製造ラインで働きます。募集しているのは、名の知れた大手自動車メーカーがほとんどです。短期間であるにも関わらず企業の直接雇用となり、大手ならではの高額な収入や手当、福利厚生を受けられることから、いつも一定の人気があります。

雇用主について

雇用主とは、働くうえで雇用契約を結んで所属する企業のことです。基本は勤務先の企業に属することが一般的ですが、勤務先と雇用主が異なる場合もあります。
では実際に、雇用形態ごとの違いを見てみましょう。

契約社員

雇用主となるのは、勤め先の企業です。契約社員の場合は、勤務先となる企業と雇用主が同じであることがほとんどです。就職活動の際は、勤めたい企業に応募して合格すれば、直接契約を結んで働く形になります。

派遣社員

雇用主となるのは、派遣会社です。その派遣会社が契約している企業に出向いて、働くことになります。就職活動の際には、まず派遣会社に登録してから、目当ての企業や職種に就く流れです。

期間工

雇用主となるのは、大手自動車メーカーなど、勤め先の企業です。直接雇用という形で、期間限定の契約を結びます。就職活動の際は、派遣会社が期間工の仕事に就く手助けをしているケースもありますが、その場合も派遣会社ではなく、紹介された企業と直接契約を結ぶのが一般的です。

賃金

賃金を確認する際のポイントとなるのは、時給制・月給制などの給与形態、そして給与の支払い日時と方法です。これらは、基本的に労働者側の希望で選ぶことはできません。雇用主の定めた規定に従う形になるので、契約時によく確認しておきましょう。

また、単純に求人情報に載っている情報だけをあてにせず、各種手当や保険などを差し引きした手取り額を、計算しておくことをおすすめします。

契約社員

賃金は、雇用主となる企業から直接支払われます。ほとんどの場合が月給制なので、毎月契約に基づいた一定の額が支払われるでしょう。月給制ならば、企業に夏休みや冬休みなどの長期休暇があっても、月の収入が変動することはありません。支払い日時は、企業の規定に基づきます。

なかには時給制の企業がありますが、この場合は、勤務時間に応じて月収が前後する可能性があります。契約する前によく確認しましょう。

派遣社員

賃金は、雇用主となる派遣会社から支払われます。基本的に時給制で、働いた時間を派遣会社に申請すると、給与がもらえます。支払い日時は、派遣会社が指定します。派遣会社は、契約先の企業から得た金額から、仲介マージンを徴収します。

だからといって、賃金が相場より安すぎることはありません。派遣会社は、競合との差別化や企業価値を高めることによって人材確保に努めているため、一般的なアルバイトよりは高く設定されていることが多いです。

期間工

賃金は、雇用主となる企業から支払われます。企業によって異なりますが、時給制か日給制のいずれかです。支払い日時は、企業ごとに決められています。アルバイトとして募集している工場勤務よりも、給与の相場は高いです。直接雇用のため、仲介マージンの徴収などもありません。

雇用期間

雇用期間の定めがない長期雇用と、定めがある有期雇用に大きく分けられます。ここで説明している3つの雇用形態は、いずれも有期雇用です。正社員のように、定年まで必ず勤められるわけではありません。

契約社員

雇用主の企業が、契約期間を設定しています。3ヶ月〜6ヶ月ごと、または1年周期の更新であることが多いです。契約社員は長期を見据えた採用であることが多いので、「特に問題がなければ、基本的に更新」というスタンスです。

派遣社員

働き手の希望に合わせて、雇用期間の長さは選べます。自分の都合に合わせて希望する勤務期間を申告すると、その条件に合った勤め先を紹介してもらえます。数週間〜3ヶ月以内の短い勤務から用意されているので、フレキシブルな働き方をしたい人が選ぶ傾向にあります。

基本的には、契約期間が満了すると勤務終了です。企業と働き手の双方の同意があれば、更新の可能性もあります。

期間工

雇用主となる企業が、雇用期間を提示しています。企業により異なりますが、3ヶ月〜6ヶ月程度の勤務が多いです。結んだ契約期間の満了に合わせて勤務終了です。ただし、企業側から雇用期間の延長や更新をアプローチされることもあります。長く働きたいと思う人は、応募の際に、更新の可能性があるのかを確かめておくと良いでしょう。

福利厚生

福利厚生は、勤める企業の規模や雇用形態によって差があります。特に短期的な勤務の場合、長期雇用の正社員と比べると、福利厚生の充実度は劣る傾向があります。各種手当や福利厚生によるサービスは、少しでも多くあるに越したことはありません。それぞれの雇用形態ごとに、どの程度の違いがあるのか、知っておくと良いでしょう。

契約社員

雇用される企業の就労条件に基づきます。正社員には多少劣るものの、勤務日数に応じて社会保険が適応されたり有給休暇や育児休暇がもらえたりと、長期を見据えて働く際に必要な条件がだいたい揃っていて安定感があります。

派遣社員

たとえ勤め先が大手であっても、受けられる待遇は、契約を結んでいる派遣会社が提示している内容になります。派遣会社では、企業独自の保険制度や福利厚生など、ユニークな内容が多いです。それぞれ制度が異なるため、契約したい派遣会社のサイトをチェックしてみることをおすすめします。

期間工

雇用主となる企業の就労条件に従う形になります。たいていは、大手企業ならではの充実した手当や福利厚生を受けることができます。各種保険は勤務期間に応じて加入の有無が異なりますが、期間工特有の満了金や入社祝い金がもらえるほか、寮費が無料だったり食費の補助があったりなど、収入だけでなく生活面でもメリットになる条件が多くあります。

正社員登用について

将来的なキャリアを考えて働く場所を選ぶ場合、正社員になれるチャンスがある職場を選びたい人も多いでしょう。3つの雇用形態はいずれも期間が定められた働き方ですが、そのまま長期雇用の正社員へのシフトチェンジができるところもあります。それぞれの雇用形態の社員登用の可能性について、条件を見てみましょう。

契約社員

契約社員は元々、正社員への登用が前提の募集が多いです。そのため、一定期間勤めて就労態度に問題がなければ、正社員になれるケースがほとんどです。正社員になったら、給与や待遇面のグレードアップも見込めます。

派遣社員

勤め先で直接正社員に登用されるケースは、ほぼありません。さらに、雇用主である派遣会社そのものには、社員登用制度がありません。派遣社員から正社員という働き方を望む場合は、「紹介予定派遣」を検討する必要があります。

紹介予定派遣とは、派遣社員として一定期間勤めた後、勤め先の企業と働き手の双方の同意のうえで、その企業の直接雇用に切り替えるという契約形態です。

期間工

期間工から正社員を目指すことはできます。実際に正社員登用制度がある企業は多く、年間で数百名の実績があるところもあります。しかし、期間工は契約期間を満了すれば終わるのが基本であり、必ず雇用期間の更新が約束されているわけではありません。

社員を目指すのであれば、相当の努力を要します。まずは雇用期間の更新を目指して、その意思提示のためにも、就労態度や周りとのコミュニケーションには人一倍気を使うようにしましょう。

メリット

3つの雇用形態のメリットは、勤務条件と自分の求めるワークスタイルとのマッチングによって異なります。自分の希望とそれぞれの勤務スタイルを比較しながら、検討してみましょう。

契約社員

賃金の項目で紹介したように、契約社員は月給制であることが多いので、月々の安定した収入が見込める点はメリットと言えます。さらに、週5日勤務で週休2日、有給休暇や長期休暇など、勤務サイクルが整った働き方ができるのも、うれしいポイントです。

派遣社員

一番のメリットは、勤務期間・希望職種・シフトなど、自分の希望を優先して勤め先を選べる点です。スキマ時間を利用した短時間勤務やレギュラー勤務、はたまた短期や長期など、ある程度の都合であれば思いのまま叶えられます。

また、これらの希望をマッチングしてくれる派遣会社のコーディネーターは、就職に関するプロなので、それぞれの適性に合わせて最適な企業を紹介することを得意としています。勤め先が決まって働いている間も、担当のコーディネーターが職場を定期訪問し、相談に乗ってくれるというサポートも手厚いです。

期間工

メリットはやはり、手厚い待遇や福利厚生の充実度です。募集企業によってその差はあれど、雇用期間を満了するともらえる満了慰労金をはじめ、皆勤手当やボーナス、無料の寮や食堂完備など、どこも負けず劣らずの厚待遇になっています。

特に満了慰労金は、基本給とは別に、勤務期間に応じて数十万〜百万円以上を支給している企業もあるので、短期間にガッツリ収入を得たい人に適しています。仕事と住まいが同時に手に入るとあって、幅広い年代で人気の勤務スタイルです。

ウィークポイント

それぞれの働き方には、良いところばかりでなく、ウィークポイントもあります。働き始めてから「イメージが違う!」などの事態が起きないように、あらかじめ様々な側面から各雇用形態の特徴を理解しておくようにしましょう。

契約社員

その名の通り、契約期間が定められた雇用形態なので、契約が突如更新されないという可能性もあります。いつ終了するか分からないという点では、派遣社員や期間工よりもリスキーと言えます。

派遣社員

直接雇用と違って、昇給・賞与・交通費の支給がないなど、福利厚生面が弱いです。時給が多少良くても、交通費が支給されないと、手元に残る金額が少なくなってしまいます。派遣先を決める前に、交通費の有無は必ず確認しておきましょう。

期間工

勤務先となる工場を選んで応募することはできますが、働く職種や配属部署を自分で選べません。また、立ち仕事など体力勝負な作業が多いことから、腰を痛めたり身体を壊したりする可能性があります。

期間工は特に、生活と仕事の双方をバックアップしてくれるので、短期間で一気に収入を増やしたい人に向いています。「収入を重視したい」、「ワークライフバランスを重視したい」など、それぞれの人の希望によって、どの雇用形態が魅力的かは異なります。3つの働き方の特徴と理想を重ね合わせて、自分にマッチする働き方を見つけてみましょう。

このページの最上部へ