出稼ぎや住み込みで働きたいなら寮付きの工場の仕事がおすすめ

出稼ぎや住み込みで働きたいと考えている人におすすめなのが、寮付きの工場で働く期間工の仕事です。また、期間工の求人に応募しようかどうか検討している人にとって、寮は気になることの一つでしょう。

寮は規律が厳しいとか集団生活が大変というイメージを持つ人もいるかもしれませんが、寮に入ることは多くのメリットがあります。ここでは、なぜ寮をおすすめするのか、具体的な寮生活の様子を踏まえつつ、メリットの紹介と疑問の解決を行います。

期間工の生活形態は?

期間工として働く場合、「実家からの通い」「寮」「一人暮らし」など、生活スタイルを選択することは可能なのでしょうか。答えは、可能ということになります。。待遇に「寮付き」となっていても、必ず寮に入らなくてもいいですし、寮に入ることを採用の条件としているわけではありません。

しかし、ほとんどの期間工は寮に入っています。その理由としてまず、自宅から通える範囲に工場があることが少ないからです。また、工場は騒音などの環境問題を理由に、住宅地や街から離れた場所に建てられることが多く、通勤が不便です。このような点から期間工は、自宅から離れ寮に入って生活をすることが多くなります。

寮をおすすめする理由は?

知らない人たちと一つ屋根の下で暮らすなんて…と考える人もいるかもしれませんが、それ以上に寮付きの仕事は、良い点が多いのでおすすめです。では、その理由をみていきます。

無料または安く入れる

寮に入る場合、ほとんどが無料で入ることができます。寮費がかかる会社でも、およそ10,000円以下です。もし自分で家を借りれば、毎月数万円の家賃を支払わなくてはいけません。そこを無料や安価で住む部屋を手に入れられるのは、大きなメリットです。家賃を払う分を貯金することができます。

水道光熱費が無料

寮では、水道光熱費が無料なのも珍しくありません。一人暮らしをしていれば、意外とかかってしまうのが水道光熱費です。また、住み込みの場合は、その家の主人との取り決めが難しかったり、たくさん使わないように気を遣ったりなど、ややこしい点があります。

しかし、無料の寮では寒さや暑さを我慢して、冷暖房を節約しなくてもすむのが有り難いです。一人暮らしで月平均10,000円〜20,000円の水道光熱費がかかるので、この分も貯金に回すことができるでしょう。

基本的には個室

ほとんどの寮は一人にひと部屋が割り当てられます。間取りは寮によって違いがありますが、簡易キッチンが付いている1Kや、新しい寮だとマンションタイプのワンルームもあります。トイレや洗濯機、炊事場を共同で使う寮もありますが、マンションタイプの寮は自室で生活が完結し、まるで一人暮らしをしているかのようです。

通勤が便利

工場への行き帰りは、会社が出すバスに乗ります。寮から出発して寮に帰って来られるので便利です。こうして交通費がかからない点や、家から遠い駅やバス停まで行く必要がない点も、寮に住む利点でしょう。

家電や家具を買わなくてもよい

寮の部屋には、あらかじめ布団や机、クローゼットが用意されている場合がほとんどです。また、共用のものもありますが、テレビ、冷蔵庫、電子レンジ、洗濯機、湯沸かしポットなどの家電もひと通りそろっている場合も多いです。

寮によって置いてあるものが異なるので、買い足すものがあるとしても、すべてを自分で購入する必要がありません。これだけの家電や家具をすべて自分で購入するとなると、相当の費用がかかるため、準備しておいてもらえるのは有り難いです。

食堂がある寮も

寮内に食堂が設置されていたり、中には食事付きの場合もあります。ご飯はおかわり自由、お酒が飲めるなど、食堂によってさまざまな利用環境ですが、仕事から帰ってきた後に、外食をしに出かけたり自分で作ったりしなくてもよいのは気楽です。

ジム・サウナがある寮も

寮によっては、トレーニングジムやサウナが設置されています。「重労働をした後にジムで体を動かせるものなのか」と思うかもしれませんが、利用している人は意外と多いようです。

まだまだあります!寮付きのメリット

上記では環境面において、寮をおすすめする理由を紹介しました。いくつかのメリットがありましたが、それだけではありません。寮にはまだメリットがあるのでみていきましょう。

赴任手当がでる

遠くから出てくる場合、かかった交通費などを含め「赴任手当」が付与されることがあります。部屋や家具、電化製品が準備されている上に、赴任手当までもらえるとなると、至れり尽くせりな感じがします。

一人暮らしの不安や不便を解消

新しい仕事を始めると同時に、初めての一人暮らしや慣れない環境での一人暮らしは、結構大変なものです。しかし、寮であれば、食事が用意されている、寮の管理人さんが届いた荷物を受取ってくれるなど、負担が軽減されます。洗濯機の使い方など基本的なことも周りの人のやり方を見たり教えてもらったりすることもできます。

カップルや夫婦で入れる寮もある

数は少ないですが、カップルや夫婦同室にさせてくれる寮があります。この場合、男子寮や女子寮にカップルで入寮することはできないので、マンション・アパートタイプのワンルームになります。

仲間ができる

仕事の悩みやつらさは、同じ経験をした人だからこそ分かり合えるものです。寮で一緒に暮らしていると、そんな仲間ができるメリットもあります。誰かと話したくなる、一人が苦手という人にとって、寮生活は良い環境なのではないでしょうか。

まとめ

出稼ぎや住み込みで働きたいと考えている人、工場での仕事を考えている人にとって、知っておきたい寮付きの仕事について紹介しました。「寮費や水道光熱費が無料」「通勤が便利」など、寮にはたくさんのメリットがあります。

一人暮らしを視野に入れて新しい仕事を探しているなら、寮付きはうってつけの求人です。また、お金を貯めるために働きたいという人にとっても、寮付きの仕事ほど割の良いものはないでしょう。

このページの最上部へ