期間工にも有給休暇はあるんですか?実際使えますか?

会社で働く人が活用したい権利に「有給休暇」があります。職場によって取りやすさに大きな違いがあり、ほとんど取得できず「あってないようなものだった」という経験をした人もいるのではないでしょうか。ここでは、期間工の有給休暇について紹介します。

期間工の有給休暇とは?

一定期間働いた者が「心身の疲れを癒すため」「ゆとりのある生活を送るため」といった目的で取得できる、法律で定められた休暇です。有給休暇を取得して休んだ場合、その日の賃金が減らされることはありません。つまり「給与をもらって休める」という制度です。

期間工に有給休暇はある?

契約期間が決まっている期間工には「有給休暇なんてないのでは?」と思いがちですが、条件に当てはまれば、きちんと付与されます。労働基準法には「勤務期間が6か月を超え、全労働日の8割以上出勤した労働者」に有給休暇を与えると定められています。これに基づき、8割以上の出勤率で6か月勤務した期間工には、有給休暇が与えられるのです。

期間工の有給休暇日数は?

6か月勤務した時点でもらえる有給休暇の日数を確認しましょう。日数は、1週間のうちに働く日数や時間数で異なります。期間工の場合は「週所定労働日数が5日以上または週所定労働時間が30時間以上の労働者」に当てはまり、10日もらえることになります。

その後1年経過するごとに、決まった日数が新たに付与されます。1年6か月働いた時点では11日、2年6か月では12日となり、前年度に使えなかった有給休暇は、次年度へ繰り越しすることができます。ただし、有効期間は2年です。

具体的に例を挙げて見てみましょう。

勤務開始後、6か月経過時点で10日分の有給休暇をもらう

有給休暇2日分を使う

1年6か月経過し、11日分の有給休暇をもらう
前年度の残り8日分が繰り越しとなり、合わせて19日分となる

有給休暇を3日分使う

2年6か月経過し、12日分の有給休暇をもらう
前々度の残り5日分は、有効期限切れで消滅
前年度の残り11日分が繰り越しとなり、合わせて23日分となる

有給休暇と満了金の関係

どうしても仕事に行けない用事や病気が発生した場合、状況に応じて欠勤、遅刻、早退となります。これらは、満了慰労金、満了報奨金の支給に影響するので、なるべく無欠勤、無遅刻、無早退を目指したいですが、どうしても休まざるを得ない場合も出てくるでしょう。

しかし、有給休暇を使って休むと、欠勤、遅刻、早退扱いにはならず、毎月の皆勤手当である満了報奨金をもらうことができます。満了慰労金は出勤日をベースに支払われるので、有給休暇を使った日はカウントされませんが日給はもらえるので、ダブルで減額される事態は避けられます。

少しでも多く稼ぎたい人は、有給休暇を取って休んだことで満了慰労金の額が減ることを、覚えておくとよいかもしれません。有給休暇を取らずに働いたほうが得になる場合もあります。

期間工の有給休暇の使い方

土日の前後に有給休暇を取り、連休で帰省をする期間工も多くいます。また、満了金が出た後には、ちょっとした息抜きに小旅行へ行くこともできるでしょう。そのほか、誕生日休暇として使ったり、身体を休めるために使ったり、病気や冠婚葬祭以外にも使い方は自由です。

各社の有給休暇取得事情は?

有給休暇が取りやすい環境なのかどうかは、会社や職場によって異なるとは言いますが、期間工が働く職場はどうなのでしょうか。自動車メーカー各社の有給取得事情を見てみましょう。

マツダ

およそ2週間の試用期間後、すぐに10日の有給休暇がもらえるのが特徴です。また、最長期間である2年11か月間を全うする場合、次の仕事を探す目的や帰省のために、残っている有給休暇を消化させてくれることがあります。ただし、部署ごとに異なり、その時の状況に応じてということになるでしょう。

スバル

取りやすい傾向です。有給休暇の申請用紙に希望日を書いて提出し、ほかの人とかぶらなければ、自分の休みたい日に休むことができます。期間工にかかわらず会社や職場によっては、月曜日や金曜日に有給休暇を取りづらいところがありますが、スバルの場合は、土日の休みに有給休暇を1日くっつけて3連休を取る期間工もいます。

トヨタ

労働組合が有給休暇を取るように強く押していることもあり、取りやすい傾向にあります。月に1回、コンスタントに取れる部署もあり、金曜日か月曜日に取って3連休にすることもできます。ただ、状況はどの部署も同じとはいきません。有給休暇が取りやすいかどうかは、正社員がよく取っているかどうかにかかっていると言えるでしょう。

日産

取れるかどうかは、部署によって異なります。人手不足や業務内容を理由に、これはどこでもそうですが、正社員が取れない部署では、期間工も取りづらい傾向があるという話も。しかし、会社全体の有給休暇取得率は高いので、期待は持てるでしょう。

ホンダ

2016年には、3年連続有給休暇取得率ランキング1位を獲得しています(東洋経済新報社『CSR企業総覧』より)。会社全体としては取りやすい傾向ですが、期間工は配属された工程によっては、人手が足りないなどの理由から取りづらい場合もあります。

部署によっては上司が有給休暇を取るように言ってくれることもあり、そういった環境だと問題なく取ることができるでしょう。また、ホンダの特徴として、使わなかった有給休暇の買い取りがあります。

有給休暇の買い取りとは?

ホンダで行われている有給休暇の買い取りは、契約期間満了して辞める時、取れずに残っている有給休暇を会社が買い取ってくれる制度です。つまり、取得をしたと想定してその分を手当として支払ってくれるというものです。

条件としては契約期間を満了することです。勤務期間による買い取り日数は、9か月〜18か月で5日、21か月〜30か月で10日、33か月〜36か月で11日となります。

まとめ

できる限り稼ぎたい人は、給料を減らさない有給休暇の取り方を考えましょう。例えば、残業手当や夜勤手当などを取り逃さないためには、残業がない日に休む、夜勤の日は休まないなど、計画的に取得をするといった具合です。

しかし、有給休暇の本来の目的は、働く人が心身の疲れを癒し、ゆとりある生活を送るためのものなので、無理をして身体を壊すほど働くことは、おすすめできません。せっかくもらった有給休暇を上手く使い、リフレッシュやエネルギーチャージをしたいものです。

このページの最上部へ