工場勤務(期間工)って楽?キツイ?何が大変なのか

期間工の仕事はキツイ、というイメージを持っている人は少なくないでしょう。でも、インターネットの口コミなどを見てみると、キツイ、しんどいと訴えている人がすべてではありません。最初は大変かもしれませんが、たいていの場合、慣れてしまえば平気になります。慣れるまでが正念場といえるでしょう。

期間工の仕事の何が大変か?

期間工の仕事は給料が高い分、それなりに大変なこともあります。まずは、期間工がキツイと思われる主な理由を見てみましょう。しかし、実際にしんどくて辞めてしまう人は、ほんの一部です。誰でも慣れればきちんとこなせる仕事であることは、間違いありません。

重労働の場合もある

配属先によっては、体力を要する重労働になることもあります。例えば「鋳造」の部署は、年中長袖に防塵メガネ、マスク、耳栓をつけての作業になります。「暑さのせいで痩せた」という経験談もあるくらいです。

また、重いカートを押しながら部品を検査してラインに流すなど、時間に追われながら体力の限界まで動き回る部署もあります。「プレス」の工程は、4秒ごとに鉄板の塊を運んでセットする、筋トレのような重労働だと言われます。

こうした重労働により現れる症状に、かがみ作業での腰痛や筋肉痛、腱鞘炎、ばね指が挙げられます。ばね指とは、工具をくり返し長時間使うことにより、指の関節が極端に収縮してしまう症状で、痛みを伴います。

配属先は自分で選ぶことはできませんが、それぞれの工程で無理のないように、適宜休憩があります。また、ばね指を防ぐために、パラフィン浴という温熱療法の治療器が設置されているところもあります。

勤務時間

期間工の多くは、昼と夜とを交代するシフト勤務です。夜間なら深夜手当もつくしそれだけ続けたいと思う人もいるかもしれませんが、原則交代制になります。この体制に慣れるまでは身体がついていかず、寝不足になりがちです。しかし、多くの工場は繁忙期以外は週2日の休みが取れるので、そこでゆっくり休養できます。

最初の2週間が肝心!仕事は慣れると楽になる

仕事をスタートしたばかりの初心者は、自分がミスをすると他の人に迷惑がかかるというプレッシャーとの戦いになります。慣れるまでは求められるスピードが出せなかったり、身体が痛くなったりして悩むこともありますが、2週間ほど経てば徐々に慣れてきます。

仕事自体は流れ作業がメインなので、身体が自然にできるようになってくるのを実感するでしょう。初めの1ヶ月ぐらいを我慢強く乗り切れば、大丈夫です。

寮生活

期間工は家賃や水道光熱費が無料の寮が人気ですが、集団生活が苦手な人には、これがキツイと感じることもあります。寮はワンルームマンションタイプもあれば、部屋は別々なものの1つの物件に複数人が住むというタイプもあります。

後者の場合、風呂などの共有スペースで他人と顔を合わせる可能性が大きいです。また、キレイで設備が整っている寮もありますが、なかには古びた建物で壁が薄く、隣の生活音が気になるところもあります。

さらに、寮にはそれぞれ規則があります。なかには自炊を禁止しているところもあるので、食事を作りたくてもできないことがあるでしょう。ルールを守らないと、退寮処分になることも考えられます。こうした寮についても企業が決めるので、自分で選ぶことはできません。どのような寮があるのか事前に下調べしたうえで、工場を選ぶのも良いでしょう。

期間工の仕事を楽にこなすために

期間工に初めてチャレンジする人は、経験者や先輩に作業するうえでのポイントやコツを聞き、実践してみましょう。聞きにくい場合も、先輩の動きをよく観察してその技を見習うと、楽なやり方が必ず身につきます。

身体の負担が少ないようにする

作業は最初に丁寧に教えてもらえます。しかし、期間工の作業は同じことのくり返しなので、無駄な動きをせず、身体の負担が少なくなるように工夫して行っていきましょう。例えば指先を使う作業では、同じ指ばかり使わずに、時には違う指を使ってある程度休ませながらやっていくと、痛める可能性が少なくなります。

与えられた仕事をきちんとこなす

「習うより慣れろ」が期間工の原則です。数をこなすことによって、自然と作業が身につくようにするのが一番です。頭で考えるより、与えられた仕事をきちんとこなしていくと、身体が勝手に動くようになります。

単調作業に飽きない工夫

期間工の仕事は単調作業です。慣れてくると、逆に時間が経つのが遅くすら感じるようになります。単調作業が苦痛に感じられるときは、何か好きなことについて思考を巡らすなど、飽きないように工夫してみましょう。

遅刻や欠勤をしない

期間工は、遅刻や欠勤、早退をしなければ、報奨金や皆勤手当がもらえます。真面目に働いていれば社員になる道も開けてくるので、自分のためにもきちんと勤務時間を守りましょう。

働く目的を定める

たとえつらい仕事だとしても、期間満了まで頑張ればたくさんのお金がもらえます。途中でリタイアを考えるよりも、「何のために働くのか」明確に目標を定めましょう。「留学資金を貯める」「資格をとりたい」「●●を買いたい」など、はっきりとした目標があれば、キツさも乗り越えられます。

期間工の仕事は、配属先によって仕事がキツかったり、夜勤に身体が慣れなかったりします。でも大丈夫です!初めの2週間ぐらいは慣れないことばかりで大変に感じても、慣れてくれば、ほとんどの人が楽に仕事をすることができます。未経験の人も、頑張って働いた分はきちんと給料に反映されるので、プラスの面が大きいと言えるでしょう。

このページの最上部へ