作業内容がキツくて慣れません…作業を楽にする方法ってありますか?

期間工の仕事は「最初はキツいが、慣れれば楽になる」と言われています。しかし、「いつになったら慣れるのか…」と悶々とした日々を過ごしている人もいるでしょう。また、期間工に興味がある人のなかには、キツい作業を続けていけるのか不安な人もいるはずです。

作業を楽にするためには、どうすれば良いのでしょうか?そして、いつになれば楽になるのでしょうか?ここでは、経験者の声を踏まえて、その方法とコツを探ってみます。

期間工の主な作業内容は?

学歴や職歴に関係なくなれる期間工は、採用までのハードルは高くありません。しかし、健康診断も終えて順調にきたけれど、いざ仕事が始まると意外とついていけない…という場合もあります。

期間工は、主に自動車や電子部品の製造ラインで作業することになります。自動車の工場では、プレス、塗装、部品の取り付け、検査などを行い、電子部品の工場では、原材料の調合、機械を使った加工、目視検査、梱包などの作業にあたることが多いです。

期間工の作業はなぜキツい?

「期間工は体力勝負」と言われるほど、第一に求められるのが体力です。それだけ重労働なのだろうと予想がつきますが、具体的にはどういった点がキツいと感じるのでしょうか?楽になる方法を見つけるためにも、まずはキツい点をピックアップしてみましょう。

立ちっぱなしの肉体労働

休み時間以外は、ずっと立ちっぱなしの作業になります。それに加えて、重い物をもったり動かしたりすることが多いので、身体への負担は大きいと言えます。

ラインスピード

右も左もわからない状態からすべての工程を覚えつつ、ラインスピードについていく必要があります。自分のミスや遅れにより、ラインが止まってしまうなんてこともあるので、肉体的よりも精神的にキツいという声もあります。

日勤と夜勤をくり返す生活

交代制の夜勤がキツいというより、日勤と夜勤をくり返すことが、肉体的に大きな負担になります。生活リズムが定まらないため、なかには眠れなくなるという人もいます。

単純作業

来る日も来る日も1日中同じ作業をくり返すのが、期間工の仕事の基本スタイルです。「くり返しに飽きてくる」「時間が経つのが遅い」などと、単純作業を苦痛に感じる人も少なくありません。

先輩から怒られる

職場にもよりますが、ミスをして先輩から怒鳴られることがあるかもしれません。ラインを止めてしまうと作業効率が落ちますし、作業のミスが製品の不具合につながることもあります。工場で働く誰もが真剣に作業を進めているが故です。

作業を楽にする方法は?

上記で挙げたような点がキツいからと、すぐに辞めることを考える人もいるでしょう。しかし、期間工は頑張ればいろいろな報奨金や手当が支給されて稼げる仕事なので、それを受け取らずに辞めてしまうのはもったいないです。無理なく続けられるように、作業を楽にする方法をチェックしていきましょう。

身体で覚えて慣れる

キツいと感じるのは、慣れていないことが大きな理由です。1日に約7〜8時間、1週間に5日、1か月におよそ20日間、同じことを数か月くり返していれば、最初は難しいと感じた作業も、実は簡単にできることを実感するでしょう。

身体が覚えて勝手に動くようになれば、頭も身体も余計な動きをする必要はなくなります。そうなると、最初に感じたキツさは軽減されていきます。

わからないことは、早いうちに聞いておく

仕事を始めた頃はわからないことが多いと思いますが、そのまま放置せずに、必ず聞いて解決することが大切です。そのままにして作業を続けると、やりづらい状態は改善されず、一向に楽にはならないでしょう。効率が悪く、ミスをしてしまうかもしれません。

また、後になればなるほど「今更こんなこと聞いてもいいのかな」という気持ちになり、聞きづらくなってしまうものです。最初の段階でうまく解決しておきましょう。

周りの人の動きを観察する

説明を受けたりマニュアルを読んだりしても、それだけで「わかった!」と思える作業は少ないでしょう。自分がどう動いていいのかわからないときは、周りの人の動きをよく見てみることが重要です。

最近では、何かを説明するときに動画を使うことが増えてきています。自分の周りにいる人たちを作業の説明動画だと思って見てみると、わかりやすいかもしれません。模範となる動き、NGな動きなどをリアルに感じることができるので、自分の身につきやすいです。

先輩からコツを聞く

「習うより慣れよ」という言葉があるように、ひたすら慣れることも必要ですが、ときには先輩や経験者から教えてもらうことも大切です。コツを聞いてみると、自分が思いもよらなかったことがわかり、「目からうろこが落ちた」ということもあるでしょう。

「こんなややこしい作業、できるようになるの?」と思っていたことでも、少し考え方ややり方を変えるだけで、スムーズにできるようになるものです。できるだけ早く業務を覚えて一人前になりたいなら、なおさら経験者に聞いてみることをおすすめします。経験者の言葉は、どんなマニュアルよりも確かと言えます。

単純作業は、楽しいことを考えて乗り切る

期間工の仕事に慣れてくると、次は単純作業がキツくなると言います。そうなったら、ほかの仕事と比べてみましょう。例えば、営業でノルマに追われる、気の進まない接待で夜遅くまで拘束される、残業を避けるために自宅に仕事を持ち帰るなど、ほかの仕事にもキツい点はあります。

「自分にとってどれが耐えられなくて、どれが乗り越えられるのか」、そう考えてみると、単純作業を続けるのかどうかの答えが見えてくるでしょう。また、数ヶ月働いて作業に慣れると、頭の中で楽しいことを考える余裕が出てきます。そんな想像や妄想で単純作業を乗り切るのも、一つの方法です。

さらに、一番効率の良いやり方を模索しながら作業をするのも良いでしょう。飽きてくるのを防げるうえ、うまくできたときに楽しくなります。自分で見つけた方法は、自分にとって楽になるための最善の道と言えるでしょう。

異動を願い出て環境を変える

状況に応じて、期間工も部署異動があります。最初に配属された部署での作業がどうしてもキツいと感じるなら、異動を願い出て環境を変えてみるのも、一つの方法です。このとき、配属された部署で真面目に働いて、実績をつくったうえで願いを出すと、希望が通る可能性が高くなるでしょう。

というのも、異動に関してはまず、同じ部署の班長に相談することになるからです。真面目に働く姿を見ていたなら、親身になってくれるでしょう。異動願いを出すことは報奨金や手当に響きませんが、もちろん異動できたからといって、楽になるという保障はありません。

まとめ

残業や自宅でした仕事に対して給与が出ない企業もありますが、期間工は働いた分だけきっちりと給与に反映されます。また、契約満了まで頑張れば満了金がもらえるという楽しみがあります。実際に受け取ったときの満足感は格別です。

慣れるまでは楽な仕事ではないかもしれませんが、資格や特別な能力がなくても、良い待遇が受けられる仕事は、期間工以外にはあまりないでしょう。キツいと感じたら、ここで紹介した作業を楽にする方法を試してみてください。

「慣れるまでやってみる」「周りの人を見る」「誰かに聞く」など、自分がやりやすいことから実践すれば、何かのきっかけで、目の前がぱっと開けるかもしれません。「とりあえず最初の契約満了まで頑張ってみる」という気持ちで、取り組んでみてはいかがでしょうか。

このページの最上部へ