工場勤務が未経験でも工場で期間工として働ける?

工場勤務や期間工に興味はあるけれど、なかなか最初の一歩が踏み出せず足踏み状態という人も多いでしょう。工場でのお仕事は、飲食業や接客業のように日常的に目にする職種ではないため、内部事情について知る機会があまりなく、いざ働いてみないと分からないこともたくさんあります。

未経験者にとってはまさに未知の領域なので、働いてみたいと思っても行動に移しづらいのではないでしょうか。そこで今回は、未経験から期間工にトライしたい人へ有用な情報を紹介します。

期間工は未経験でも挑戦できるのか

ずばり、期間工や工場勤務は未経験からでも挑戦することができます。期間工の主な業務内容は二輪車や四輪車の製造業務なので、自動車関連の専門知識や製造技術がないと就業が難しいのでは?と思っている人も多いようですが実はそんなことはありません。

むしろ学歴や職歴を問わず誰でも目指すことができる職業と言えます。期間工の求人を見てみると、そのほとんどが未経験者を歓迎しており、若手からアクティブシニア層まで応募できる条件になっています。実際に期間工や工場勤務の現場では、未経験からスタートした幅広い年代の男女が活躍中です。

学歴や経験の差による給与や処遇の差もありません。経歴に自信がない人や脱フリーターを考えている人、がっつり稼ぎたい人などにとっては最適な環境です。未経験から期間工に挑戦する人は大勢いますので、同時期に配属された同僚のほとんどが未経験者だということもよくあります。

未経験の求人が多い理由

車の製造と聞くと難易度が高いように感じるかもしれませんが、仕事内容は至ってシンプルなライン作業。特別な経験や知識がなくても、一度流れを覚えてしまえば基本はその業務のくり返しになります。

就業後には未経験者、経験者を問わず一定の研修期間が設けられていますので、仕事に必要な知識やテクニックは入社後に学ぶことができます。工程ごとに作業指示書やマニュアルが完備されている場合も多いので、未経験でも十分に活躍することができる環境です。

どんな仕事も慣れるまでには多少の苦労がつきものです。それに限って言えば期間工の場合、他業種と違って次々と新しい知識を詰め込むことはないので、一度慣れてしまえばとても気楽な現場だと言えます。一連の業務を把握し、滞りなく進めるためには勤務開始からおよそ1ヶ月〜3ヶ月程度の期間がかかると考えておくといいでしょう。

期間工や工場勤務に向いている人物像

仕事をはじめるにあたって、自分に本当にできるのか?と悩む人もいるでしょう。期間工や工場勤務は、経験の有無よりもその人の性格や仕事との相性の部分が大きいです。実際にどんなタイプの人が期間工や工場勤務に向いているのか、具体的な素質の部分に触れていきたいと思います。

コツコツ単調作業が苦にならない人

期間工や工場勤務は、自分の担当する工程において1日中ずっとコツコツと作業を続けることになります。そのため一つのことに集中して取り組むことが得意な人や、忍耐強く何事も最後までやり遂げられる人に向いています。

特に車が好きな人やモノづくりの分野に興味関心がある人であれば、作業工程を楽しみながら仕事に臨めるでしょう。自分が製造に携わった車やバイクが日本全国、または世界各国で走るというやりがいもあります。

人と接する仕事が苦手な人

期間工および工場勤務では個人での作業が多いので、基本的に自分の仕事を黙々と進めていくだけです。接客やサービス業のようにお客様対応というものは一切なく、社内でのコミュニケーションも伝達事項や挨拶など必要最小限のみという職場もあります。

人と接することが苦手な人や、一人の時間が好きな人にはうってつけと言えます。職場環境は勤務先によって大きく差があるので、就業前に実際に働く職場の雰囲気を見ておきたい人は職場見学に参加してみましょう。

体力に自信がある人

工場内での作業は始終立ち仕事になりますので体力勝負という一面もあります。腰に持病を抱えている人など長時間の立ち仕事が困難な人には厳しいかもしれません。また、期間工は日勤・夜勤の交代制であることが多いので、環境の変化に応じた自己管理を徹底する必要もあります。

とはいっても、健康体で体力にある程度の自信がある人であれば、さほど問題はありません。アクティブワークやパワーワークの経験がある人や適度に足を動かした業務を希望する人には丁度いい環境です。業務内容によっては働いているうちに足腰が鍛えられて体力がつくというメリットもあります。

未経験向けの期間工求人について

勤務先を選ぶ際に必ず目にする求人情報ですが、確認および比較をする際に注目すべき要点がいくつかあります。今回は期間工や工場勤務に初めて挑戦する人に特に注意深く確認して欲しい項目を紹介します。

募集企業を選択する

募集に際して、まず選ぶのは企業です。期間工の分野では未経験者と経験者で応募できる企業が大きく異なることはありません。募集先の例としては下記のような企業があります。

  • マツダ
  • スバル
  • 日産
  • スズキ
  • ダイハツ
  • トヨタ

どの企業も誰もが知る日本屈指の大手メーカーです。経験に関わらず、このような有名自動車メーカーの一員として働くことができます。期間従業員と言えど、さすが大手メーカーの直接雇用と言ったところがあり、手厚い福利厚生をはじめ、業界内でも高水準の給与など就労環境の良さについては折り紙付きです。

企業ごとに各種保険・入社祝い金・ボーナス・寮費無料・再就職支援など、優遇されている制度が異なるので、自分が優先したい条件にあわせて応募先を選ぶといいでしょう。

基本情報の確認

未経験の人が勤務先を選ぶ際に見極めるポイントとなるのは、募集内容欄にある仕事内容と応募資格の項目です。仕事内容では主にどんな作業を担当することになるのか「取り扱う商品」「作業内容」「求められる素質」などの詳細が記載されています。

それらの内容をもとに実際に自分が働く姿をイメージしてみてください。イメージしてみて「これなら自分にもできる」と思える仕事であれば、次に応募資格をチェックしましょう。応募資格に「未経験の方歓迎!」というような内容が表記されていれば誰でも応募することができます。

応募資格の項目には未経験歓迎のほかに、新卒歓迎・第二新卒歓迎・既婚者歓迎・シニア歓迎・ブランク歓迎など、特に歓迎している属性を記載しているので自分の条件に合う職場を探すとさらにいいでしょう。

職場環境の確認

募集内容を見るときは待遇や仕事内容はもとより、職場の環境や在籍しているスタッフの年齢について確認することも重要です。期間工や工場勤務では、社会経験の浅い20代の若手から中高齢の主婦、ベテランやリタイア後の60代まで幅広い人が活躍しています。

募集内容には「20〜30代のスタッフが中心に活躍中」や「主婦スタッフ活躍中」「60代まで幅広く在籍」など、職場の傾向が見て取れる情報が盛り込まれていることがありますので注意して見ましょう。

これらの情報から、自分と近い年代のスタッフがいる職場を選択することで、周りに馴染みやすくなり仕事がやりやすくなります。また、活躍中のスタッフ情報をあえて具体的に求人情報に載せるということは、間接的にその属性の人を募集対象として優遇しているケースが多いため企業の求める人材ニーズを知るポイントにもなります。

期間工で有利な資格や経験はあるのか

期間工に挑戦するにあたって必須となる資格というものは特にありません。採用の際に有利になる資格を強いて挙げるのであれば、自動車整備士やフォークリフトの資格です。スキルレベルによっては存在感を発揮できるでしょう。

面接時にアピールポイントとして押し出せば、持ち前のスキルを活かせる工程に配属されるかもしれません。一部の企業では、期間満了で退職した後の再就職支援や国家資格の取得サポートをしてくれるところもあります。

資格は一生涯使える強みになりますので、資格取得に興味がある人はそういった企業を選びましょう。

期間工に挑戦したいと思ったら、まず工場系の求人や期間工を専門としている派遣サイトを覗いてみてください。そういったサイトに登録することで、初心者の人でも分かりやすいように専任のコーディネーターが期間工のことや紹介先企業について詳しく教えてくれます。

サイトには未経験者歓迎枠を特集したページや検索軸が設けられていることが多いので参考になります。定期的に仕事説明会や登録会を開催している企業もありますので、興味がある人はぜひチェックしてみましょう。

このページの最上部へ