外国人や中卒でも期間工として工場で働ける?

初めて期間工で働くにあたって、職歴や学歴、国籍などが採用に影響するのかどうか、気になる人も多いでしょう。この記事では、外国人や中卒の人にスポットをあてて、企業の受け入れ態勢や応募に際して注意すべきことなどを紹介します。

「外国人」や「中卒者」に対する企業の受け入れ態勢

期間工では、国籍や学歴の枠に縛られず、さまざまな人が勤めています。つまり、外国人であっても中卒者であっても、期間工として働くことはできます。その根拠を、具体的に見てみましょう。

期間工として働く外国人が増えている実績

外国人は期間工になれるか、実際に在籍しているかという点は、愛知県豊田市のデータを見ると明らかです。豊田市は、トヨタ自動車が拠点を置くことで有名な工場地帯です。自動車産業の集積地なので、トヨタ自動車の各工場で、期間工の求人を頻繁に行っています。

豊田市では、過去10年間における外国人の増加率が96.2%になっています。これは極めて高い数値で、10年前に比べて2倍近い外国人が豊田市に移住していることを示しています。この背景には、多くの外国人が、トヨタ自動車の工場で期間工として勤めていることが挙げられます。

つまり、国籍に関わらず活躍できる職種として、日系ブラジル人などを中心に働き手が増えています。

このデータからも分かるように、実際に外国人が期間工の現場で働いているという実績は、十分にあります。コミュニケーションのために日常会話レベルの日本語が使える必要はありますが、国籍がネックになって期間工に採用されないことはありません。

参照元URL:豊田市における日系外国人労働者の現状

大半の応募条件が「経験・学歴不問」

期間工の求人では、職歴や学歴、年齢によって採用枠を定めているものはほとんどありません。「中卒」という学歴を理由に 、応募に消極的になる必要はないでしょう。とはいえ、期間工は交替制で深夜勤務がある場合が多いため、法律上、18歳以上であることが大前提になります。中学を卒業してすぐに期間工の仕事を始めることは難しいです。

しかし、満18歳というラインをクリアしてしまえば、それまでの経歴で採用が不利になることはほぼありません。このように採用枠が広く設けられているため、応募しやすい職種だといえます。実際に、期間工を募集している自動車メーカーの応募条件を、いくつかチェックしてみましょう。

  • いすゞ:18歳以上/高校生不可
  • 日産:満18歳以上/高校生不可 ただし、未成年の場合は家族の同意が必要
  • スズキ:満18歳以上/高校生不可 ただし、未成年の場合は家族の同意が必要
  • ホンダ:18歳以上 交替制勤務、3ヶ月以上の勤務ができるのが条件

期間工から正社員になれる可能性もある

期間工を募集している自動車メーカーでは、積極的に正社員登用をすすめている企業も多くあります。これまでの経歴に関わらず、大手メーカーの正社員という安定した職を得ることも夢ではありません。

書面上の国籍や学歴で判断されるわけではなく、入社以降の勤務態度や企業への貢献度が、ジャッジのポイントになります。実際にトヨタ自動車では、2016年度の登録在籍者数が7,400人以上というなか、500人を正社員に登用する計画を打ち出しています。

なかには、いくつかの企業で期間工として勤めた後、最も働きやすかった企業に再び期間工として就業し、そこから正社員を目指す人もいます。

期間工の外国人が知っておきたい労働基準法

就業先において不当な扱いを受けないために、国は、外国人が期間工や派遣社員として日本で就業する際のガイドラインを用意しています。「派遣・期間工」についての説明ページも設けられているので、一度目を通しておくと良いでしょう。

ここでは、期間工として働く際に知っておいた方が良い項目について、確認していきましょう。

参照元URL:派遣・期間工などで働く外国人の皆様へ

国籍による解雇は認められていない

期間工は基本的に、初期の契約により雇用期間が決まります。この期間中は、やむを得ない場合を除き、解雇されることはまずありません。実際に労働基準法では、雇用側が国籍を理由に労働者を解雇することを禁止しています。

また、やむを得ない理由で労働者を解雇する場合、少なくとも30日前までに解雇予告をする義務があります。これを怠ると、解雇までの日数に応じて解雇予告手当を支払うことなどが決められていて、労働者は一定の収入が保証されます。

期間工でも1年以上勤務すれば、失業手当が受け取れる

期間工は3〜6ヶ月程度の短期的な募集であることが多いですが、雇用期間の更新がある企業では、継続的に1年以上勤務することもあります。この場合、雇用保険に加入することができます。

雇用保険の加入条件は、「1年以上引き続き雇用されることが見込まれていること」、そして「1週間の所定労働時間が20時間であること」です。一度の契約が数ヶ月であっても、同じ企業でくり返し雇用されている場合は、この条件を満たします。

雇用保険に加入していれば、期間満了で勤務が終えた際に、失業手当を受け取ることができます。受給には加入期間などが関係してくるので、失業認定後に近くのハローワークを訪れ、相談することをおすすめします。

国籍や学歴に関わらず働くことができる職種のなかでも、期間工は契約内容が明確で、さらに法律に守られている部分が多いため、安心して働ける環境です。働く際には、雇用期間や自分が置かれる立場に沿った勤務条件などをよく確認し、不明点がある場合は事前に質問しておきましょう。

※この記事は、2017年2月時点の情報を基に作成しています。

このページの最上部へ