雇用継続通知を受けたあと自分の意志で辞めることはできるのか?

期間工は雇用期間が定められた有期労働契約なので、勤務開始の時点で勤める期間は雇用契約で定められています。有期雇用だからこそ勤務期間とその更新について気になる人も多いと思います。

もし、期間満了のタイミングで企業側から雇用継続通知を出され「期間を更新してほしい」と打診された場合は自分の意思で断ることができるのかどうか、必ず継続しなければならないのか、というのも働き手にとっては大きなポイントです。

雇用継続通知が出た場合の対応について

期間工で働いて期間満了のタイミングに差し掛かった時に、企業側から「雇用継続通知」が出されることがあります。これは当初予定していた雇用期間を更新し、継続して働いてほしいという企業側からのスカウトです。働き手にとってはとても名誉なことだと言えます。

この雇用継続通知が出された場合、継続して働くか、辞めるか、という判断は全て労働者に一任されます。継続通知が出たからと言って必ずしも継続して働かなくてはならないということではありません。

もし継続を断ったとしても、当初契約した期間は満了しているため、もちろん満了慰労金は受け取れますし、企業起因の失業として失業保険も支払われます。

期間工として働くうえで、契約期間と雇用契約の関係というのはとても重要なものです。続けて雇用継続の通知のタイミングはどうなっているのか、そして契約継続の有無はどのように決まるのかを紹介していきます。

期間工の雇用契約について

期間工とは、雇用主と有期労働契約を結んでいる状態です。有期労働契約では、雇用契約の段階で更新の有無があらかじめ明示されます。たとえば「契約から3ヶ月間の勤務」という有期労働契約の場合、3ヶ月以降の更新の可能性があるのかないのかは最初から契約で分かるのです。

有期労働契約の契約スタイルは主に3つです、一つ目は契約満了時に双方特に問題がなければ「自動的に更新する」という継続前提のケース。二つ目は勤務態度や職場状況にあわせて「更新する場合があり得る」という契約更新の可能性があるケース。三つめは期間満了後の「契約の更新はない」と断定しているケースです。

期間工の場合はこの3つのスタイルのうち、「更新する場合があり得る」か「契約の更新はない」のどちらかに当てはまります。どちらの契約内容になっているかは、企業の募集要項ごとに異なりますので長期継続で働きたいと考えている人は「更新する場合があり得る」契約であるのか前もって確認しておくようにしましょう。

雇用期間の継続について

もし「契約の更新があり得る」契約の場合は、企業側の判断により雇用継続通知が出されます。継続通知が出ない限り、労働者が自らの意思で更新を持ちかけることはできません。企業側が更新を判断する基準には下記のようなものがあります。

契約満了時の業務量・従事している業務の進捗状況や生産状況

労働者が契約満了となる時期に、勤める企業の工場の状況や業務量によって契約更新となる場合があります。工場内の業務量が多い時期だったり、進捗状況が思わしくなかったりする時期には人員が必要です。こういった時期は、人員確保のために継続の可能性が高くなるでしょう。

労働者の勤務成績や勤務態度・労働者の能力

上記で紹介した業務量や進捗状況に問題がなく滞りなく進行している場合は、契約更新となる人はごく一部です。そのごく一部に選出されるには、日々の働きや貢献度がポイントとなります。主に真面目に仕事に取り組んでいるかという勤務態度で継続の有無が決まります。

継続を望む人は仕事に取り組む姿勢や、上司とのコミュニケーションに気を付けると良いでしょう。能力の高さをアピールするためにも積極性を持って仕事に励むことです。

雇用期間満了時の雇止めについて

契約満了の際の解雇通知は、企業側があらかじめ「契約更新がない」としている雇用契約を除いて、雇止めの予告をする義務があります。これは労働者の契約を更新しない場合でも同様です。もともと「契約更新がない」となっている場合は、更新の可能性がないので解雇通知はありません。雇止めが必要になる契約対象は下記のとおりです。

  1. 有期労働契約が3回以上更新されている場合
  2. 1年以下の契約期間の更新がされ、最初の労働契約の締結から継続して通算1年を超える場合
  3. 1年を超える契約期間の労働を結んでいる場合

期間工で「更新する場合があり得る」とする契約で継続的に勤務する場合は、上記の「1」または「2」に該当することが多くなります。この対象となる人は、必ず雇止めとなる30日前までに予告を受けることになっています。予告がなく雇止めとなった場合は、満額30日分の解雇予告手当を請求できるので覚えておきましょう。

「契約更新がない」という契約で、3ヶ月や6ヶ月の雇用契約を結んでいる期間工の場合、更新がない限り企業側は雇止め通知を出すことはありません。期間満了に伴い必然的に退職となります。

まとめ

期間工は有期労働契約の更新なので、あらかじめ継続の可能性があるかどうかを知っておくことはもちろん、継続の場合は次回の更新月を確認してください。また、勤務開始から現状何ヶ月目の継続になるのかなど、自分の勤務状況はきちんと把握しておきましょう。

契約終了後のプランやライフスタイルを見通しながら、雇用契約の更新に伴いどんな変化があるのか把握しておくことが大切です。期間工は勤務期間が長くなればなる程、継続ボーナスや満了慰労金の増加などメリットも多いので、更新の際は条件も細かくチェックしてみてください。

このページの最上部へ